赤崎理事長と谷川歯科衛生士長の講演

先日、赤崎理事長と谷川歯科衛生士長が講師として
70を超える医院のドクター、歯科衛生士100名を前に
「これから始める歯科訪問診療と多職種連携」をテーマに講演を行いました。

画像


超高齢化社会を迎える時代に向け、訪問診療を始めたいと考えている歯科医院が多くあります。
しかし、本格的に取り組んでいる医院はまだまだ少数と言うこともあり、人員体制や、設備、また患者様やケアマネージャー、施設とのコミュニケーション等について具体的な話を聞く機会は、実はあまりないのが現状です。

ハミールでは、多くの在宅の患者様、施設の入居者様へ治療、口腔ケアを約30年前から取り組んでおり、訪問診療の分野では地域の(全国的にも)「さきがけ」的な存在です。

そこで今回、愛知県保険医協会より、これまでの取り組みに対し、合計2時間半の講演依頼があり、2/4地域医療研究会にて発表となりました。

赤崎理事長は訪問診療に対する熱い想いと、具体的なマネジメントについて
谷川衛生士長は口腔ケアの必要性と症例、多職種とのかかわり方をメインとした内容でした。

訪問歯科診療に携わる仲間が一人でも多く増える事が私たちの希望です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック