歯ブラシの特徴を活かして♪

歯ブラシ大好き歯科衛生士の當間です♪

今回は最近多く見かける幅広タイプの歯ブラシについて。

幅が広いタイプの歯ブラシのメリットは
★1度に多くの面積を清掃する事ができる。
★ブラッシング時、安定感がある。
デメリットは
▲狭いスペースには挿入しにくい事があります。
▲お口の状況によっては粘膜などにあたって操作性が悪くなる場合もあります。

幅広タイプの歯ブラシをおすすめする方のお口の特徴は
歯の長さがあって歯茎の周りや、切端に磨き残しがありがちな方。数ヵ所に、渡り根本が出ている方。
根本側に毛先が強く当たりつぎている。
または毛先が届いていない。
※根本が削れている場合は歯ブラシの当たりが強く当たって
いる事が考えられるので幅が広いタイプの物を使ってブラシが
かかる圧を分散させる事で歯への負担を軽減できます。

歯の長さがなく短めの方はスリム幅の歯ブラシがおすすめです♪

あとは、嘔吐反射があって歯ブラシを奥までうまく
入れることが出来ない方はコンパクトタイプの歯ブラシを使ってもらう事もありますが、幅広タイプを使うと歯ブラシを咬む面にブラシをのせて動かした後に少し内側、外側に傾けると歯全体を磨けるので奥歯に歯ブラシを置く時間を短縮もできると思います。
嘔吐反射が強い方はできたら毛先が長い毛でかかと側が短くなってるタイプの歯ブラシもおすすめです。できるだけ短い毛先を♪
画像

画像

歯ブラシの大きさだけでなく毛先の種類もあるので歯茎の状態に合わせて使いわけれるといいと思います、
今の自分の歯茎の状態を知ってもらうためにもぜひ定期検診へお越しください♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック